自律神経失調症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

自律神経失調症の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。自律神経失調症の症状やセルフケアなどをご紹介いたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

自律神経失調症の治療|世界に認められた実力で症状改善をサポートします!

病院で検査を受けたけど原因がはっきりしない時には自律神経失調症の可能性があります。自律神経失調症を東洋医学的に改善しませんか?副作用のない治療法で症状改善をサポートします。

自律神経失調症の家族の対応法

自律神経失調症の家族の対応法 自律神経失調症を改善するためには家族の対応が重要です。 自律神経失調症でお困りの方の家族の悩みとして多いのが、『なんて声をかけたらよいかわからない』ということです。当院では、まず話を聞く姿勢が重要と考えています…

うつ病による意欲障害

うつ病による意欲障害 うつ病になると、日常のさまざまな事実に対して意欲の喪失が起こります。全身の倦怠感によって運動意欲の低下、食べる気がしない食欲不振、人とは会いたくない社交性意欲の低下などの形で現れます。また、意欲を振り絞って行動を起こし…

不眠症と自律神経失調症

不眠症 自律神経失調症になると、夜睡眠がとれなくなる方がいらっしゃいます。このような状態を不眠症と呼びます。この不眠症は3つに分けられます。 1.早期覚醒 早期覚醒は、朝早く目が目が覚めてしまう状態を指します。高齢者に多くみられるのが特徴です…

うつ病による感情障害

うつ病による感情障害 うつ病による感情障害で特に多いのが、気分が重い、悲しい、全てがむなしい、さみしい、不安などの感情が現れます。これらの感情は、漠然とした身体の不調や身体の重さとして感じることが多くあります。この身体の不調が、自律神経失調…

手汗

過度な手汗は自律神経失調症の可能性 汗は体温の放出に重要な生理現象でエクリン腺から分泌されます。ですが、一部分にかく過度な汗や夜間にかく汗(寝汗)は自律神経失調症の兆候として考えられます。 自律神経機能が正常であれば、起きている時間帯には少…

うつ病による態度の変化

うつ病による態度の変化 うつ病になった時やなる直前に態度が変わると言われています。これは、脳への血流の低下、神経伝達物資の不足など様々な要因によって脳の神経伝達速度の低下によって活動レベルが下がる事で起こります。 このページでは、うつ病の方…

慢性胃痛

慢性胃痛 日々のストレスで、胃に違和感や胃痛を起こしている方が非常に増えてきています。そのような方々の中には、『いつも胃薬が手放せない』という方や、『悪化して胃潰瘍になってしまった』など症状の変化は様々です。 胃の運動は全て自律神経機能によ…