自律神経失調症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

自律神経失調症の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。自律神経失調症の症状やセルフケアなどをご紹介いたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

自律神経失調症の治療

うつ病の原因

うつ病の原因 うつ病の原因は明確にはわかっておりません。その為、様々な仮説が立てられております。その仮説の代表的な説をご紹介いたします。 モノアミン仮説 モノアミンとは、神経と神経の間を結ぶシナプスと呼ばれる部位に存在する神経伝達物質の内、ア…

自律神経失調症は寒い日に悪化しやすい!?

自律神経は外からの寒さの刺激から身体を守ろうとします。 寒さに対する自律神経の適応反応として、最もわかりやすいのが鳥肌です。これは、交感神経の働きによって立毛筋という筋肉が収縮する事によって起こる反応です。また、寒さの環境に適応するために代…

耳の閉そく感

耳の閉そく感 めまいに耳の閉塞感を伴っている方が多くいらっしゃいます。実際に、耳の閉塞感を引き起こす疾患として、外耳道炎、外耳道異物、中耳の問題として急性中耳炎、滲出性中耳炎、耳管狭窄症、耳管開放症、慢性中耳炎、内耳の問題として外リンパ漏、…

バイオフィードバック療法

バイオフィードバック法 バイオフィードバック療法とは、体の内部から外部に無意識に発信される情報をキャッチして、その情報を手掛かりに訓練を行い治療の必要な部分の活動をコントロールすることによって改善を目指す治療法です。 人が活動する時には心肺…

起立性調節障害治療における当院の特徴

起立性調節障害治療における当院の特徴 起立性調節障害は西洋医学的に薬物療法が主体で行われています。薬物療法で改善する方もいらっしゃいますが、数か月間服用を続けても起立性調節障害の症状が全く改善しない方もおられます。この違いは体質と考えられや…

うつ病と身体症状

うつ病と身体症状 うつ病になると自律神経の働きに問題が起こり、身体的にさまざまな問題を引き起こします。 うつ病による身体症状 身体的症状として、肩こり、頭痛、首の痛み等身体の上部に症状を伴っていることが多く、その他、腰痛や関節痛、手足のしびれ…

起立性調節障害治療のご案内

起立性調節障害治療のご案内 当院では『起立性調節障害の状況を自律神経バランスを計測する事で客観的な状況分析と世界に認められた高度な治療』をモットーに、起立性調節障害の症状である朝起きることができない、頭痛や吐き気、その他の起立性調節障害に付…

心身症

心身症 心身症とは、『身体症状を主とするが、その診断や治療に心理的因子についての配慮が特に重要な意味をもつ病態』とされています。具体的には、身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害の認められる病態…

パニック障害による広場恐怖

パニック障害による広場恐怖とは? 広場恐怖というと、『広い場所が怖い』というようなイメージをもたれるかと思います。ですが、実際には広い場所が怖いというわけではありません。広場は、ギリシャ語のagoraが語源になっています。agoraとは、集会所、市場…

起立性調節障害の鍼灸治療

起立性調節障害の鍼灸治療 起立性調節障害で悩んでいる子供が年々増えているように感じます。以前は、起立性調節障害と診断されて来院される方は年間数人程度だったのが、最近では20人以上になっています。 起立性調節障害は自律神経機能が乱れることによ…

眼精疲労の原因

眼精疲労の原因 眼精疲労が引き起こされる原因は 1.目の使い過ぎによる眼精疲労 2.体調不良による眼精疲労 3.不良姿勢による眼精疲労 4.自律神経系の問題 5.ストレスによる一過性の問題 上記5つが挙げられます。 目の使い過ぎによる眼精疲労 仕事…

セロトニン症候群

セロトニン症候群 セロトニンは、交感神経の神経伝達物質として重要な物質です。体の中のセロトニンの90%は、胃や腸管に存在します。脳や脊髄にはアドレナリン濃度とほぼ同じぐらいのセロトニンが存在すると考えられています。 セロトニンの受容体には4…

ガス型過敏性腸症候群

ガス型過敏性腸症候群治療 ガス型過敏性腸症候群とは、ガス(おなら)が溜まる事でお腹の張りや痛み、また排泄しにくいことから精神的に追い込まれることがある疾患です。この悩みは男性よりも女性に多い傾向がありますが、発症頻度は同じくらいですがガス型…

ビタミンB1は神経の活動に必要

ビタミンB1 ビタミンB1は主に炭水化物を分解してエネルギーに変える重要な役割を持っています。またビタミンB1は乳酸などの疲労物質の蓄積を防ぐ役割があります。 ・糖質摂取が多い方 ・間食の多い人や外食の多い人 ・煙草を吸う人 ・アルコールをよく飲…

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の東洋医学治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD、国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定。世界に認められた実力でアトピー性皮膚炎の改善をサポートしております。

頭痛の東洋医学的分類

頭痛の東洋医学的分類 東洋医学的に頭痛とは? 東洋医学で頭は人間の身体の上方にあるので陰陽の分類では、「陽」に属しています。 そして、頭部全体を各々に分類すると前頭部・後頭部・側頭部・頭頂部に分けられます。頭痛とはこの頭部全体あるいは各々に出…

眼精疲労のセルフケア

眼精疲労のセルフケア お仕事の影響から眼精疲労でお悩みの方が増加傾向です。眼精疲労の方がされるケアの方法は「温める」が圧倒的に多いです。しかし、眼精疲労のセルフケアは、炎症の状況や程度によってケアの方法は異なります。中には温めるケアが良くな…

偏頭痛の原因

偏頭痛の原因 偏頭痛は、片方のコメカミや耳の上辺りが『ズキズキ』したり『ガンガン』など脈を打つような痛みである事が多く、偏頭痛が強く現れているような時には日常生活自体に制限がかかってしまう事がある疾患です。 偏頭痛が起こる頻度としては、1ヶ…

便秘の治療

便秘の治療を行っている大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。アメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD,国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定。世界に認められた実力で便秘の改善をサポートします。

自律神経は免疫にも影響します!

自律神経失調症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター 風邪が流行ったりすると「免疫力を高める〇〇」などと色々な特集が組まれることがあります。免疫力を高める食事等いろいろとありますが、忘れてはいけないことは自律神経の存在です。免疫と自…

ストレスで自律神経失調症が発症する!?

ストレスによって自律神経失調症が誘発されることがあります。ストレスが自律神経失調症を発症させる理由と適切で効果的な対策をご紹介しております。

自律訓練法

自律神経失調症の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。自律神経失調症のセルフケアとして有用な自律訓練法のご紹介です。

自律神経失調症はエアコンを使わない方が良いの?

自律神経失調症はエアコンを使わない方が良いの? エアコンを付ける事が自律神経失調症になるという風に考えられる方もいらっしゃるようですがそのような事はないと考えています。ただし、エアコンの使い方によっては自律神経失調症になる可能性もあります。…

自律神経失調症治療院の正しい選び方

自律神経失調症治療院の選び方 自律神経失調症治療TOP oosakatoyomedicine.hateblo.jp 自律神経失調症の方にとって一番難しいのが治療院の選び方だと思います。そこで、治療院の選び方についての当院の考え方を記載します。参考にしてください。 自律神経失…

慢性的な肩こりなどの痛みは、自律神経が影響?

自律神経失調症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋学治療センター 自律神経失調症は、実に様々な症状を引き起こします。全身レベルで多くの症状を引き起こしますが、その中の一つに「慢性的な痛み」があります。この慢性的な痛みの中には、長期間続く腰痛や肩こ…

上を向くとフラフラする・・・

上を向くとふらふらする ・上を向くとふらふらする ・上を向くとボーっとする このような場合には、首の部分で頭へ血液を運ぶ血管を圧迫してしまっている事が考えられます。その理由をご紹介いたします。 上を向く運動は頸椎の伸展運動です。頸椎とは、背骨…

起立性調節障害のセルフケア

起立性調節障害のセルフケア 起立性調節障害のセルフケア 起立性調節障害の体調不良は午前中を中心に起こります。 まずは無理をさせない事を大切にしましょう。起立性調節障害の場合、無理をさせたとして改善するような問題ではありません。 1.朝起きあが…

起立性調節障害がどれぐらい回復したら朝に起こす?

起立性調節障害はどれぐらい回復したら朝起こす? 起立性調節障害で長期間、朝起きづらかった子供がどのくらい回復したら朝に起こしても良いのかを悩まれている方も少なくありません。 子供は長期間、朝にゆっくり寝る生活を続けているため起立性調節障害が…

そもそも自律神経って?

自律神経失調症の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。自律神経の話題が頻繁に上がるようになったけど、そもそも自律神経ってどんな神経?という方のために、自律神経についてご紹介しております。

寝汗は自律神経失調症?

寝汗治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター 汗は体温の放出に重要な生理現象です。ですが、一部分にかく過度な汗や夜間にかく汗(寝汗)は自律神経失調症の兆候として考えられます。 気温が高い時には、体温を放出する必要がある為わずかな寝汗を…