自律神経失調症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

自律神経失調症の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。自律神経失調症の症状やセルフケアなどをご紹介いたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

雨の日に体調が悪いのは自律神経失調症に問題がある?

f:id:oosakatoyomedicine:20150811114458j:plain

 自律神経失調症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。

 

 自律神経失中症でお困りの方の中には、”雨の日は体調が悪い”と感じている方も多いのではないでしょうか?

 

 『自律神経失調症が雨の日に悪化しやすい』その理由を記載します。 実際に、雨と自律神経の働きとは全く関係がありません。実は雨が降ることによって自律神経失調症が悪化しているのではなく、雨が降る時の気圧の低下によって自律神経失調症の症状が悪化するのです。気圧が低下する事によって、体の中の細胞は膨れてしまいます。この膨れる力によって、周りの細胞を圧迫してしまうことになります。それでも、周りの細胞も膨れようとしているため各細胞間で圧迫しあうことになります。その結果、自律神経失調症の症状が悪化してしまうことになるのです。

 

 わかりやすい例が、富士山の山頂に密封された袋を持っていくと袋がパンパンに膨れているのを見たことはないですか?これがこのような現象が体の中で起こっているのです。 対応策として、細胞間の代謝を良くするために日ごろから水分をしっかりととることをお勧めします。目標は1日2リットルです。ただしこれは食べ物として摂取する量も含むので、実際には1.2リットルを目安にすれば良いでしょう。飲む時には、まとめて飲むのではなく少しずつ飲むようにしましょう。一回に多く飲むと尿としてすぐに排泄されてしまいます。

 

 雨の日に体調が悪くなりやすい、この状態を解消したい方には東洋医学的な治療も可能です。当院では自律神経失調症の状況を自律神経測定によって分析し、体の状態に合わせた東洋医学的鍼灸治療、磁気刺激療法を行っております。治療を行うのは東洋医学、自律神経学を熟知した鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロです。ご安心ください。

自律神経失調症の治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話・LINEで承っております。

TEL:080-6224-4693

お気軽にご連絡ください。

www.nomuraseikotuin.com

世界に認められた実力で症状・体質の改善をサポートいたします!

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

電話:080-6224-4693