自律神経失調症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

自律神経失調症の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。自律神経失調症の症状やセルフケアなどをご紹介いたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

自律神経失調症の改善には運動が必要

f:id:oosakatoyomedicine:20150811114458j:plain

自律神経失調症の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。
 

自律神経失調症の症状を回復するためには適度な運動が必要です。

運動を行っている時には交感神経が働き、ご飯を食べている時や寝ている時などには副交感神経が働きます。このように交感神経・副交感神経の働きが整っている必要があります。

 

  適度な運動を行うことによって、交感神経と副交感神経の働きの切り替え、いわゆるON/OFFが行われるようになり自律神経失調症の症状が軽減することが考えられます。 適度な運動を心がけましょう。

 

 運動はハードであればあるほど交感神経機能を高めることができ有効です。ですが、日ごろから運動を行っていない方がいきなり運動を行えばケガをするリスクがあります。運動の程度を決めるときはあなた自身の日ごろの運動量を考慮して無理のないレベルから開始するようにして下さい。

 

適度な運動が特に有効と思われる症状

・体が慢性的に疲れている

・睡眠レベルが浅く夢を見ることが多い

・夏でも冷えを感じる

 

  また脳を最大限に活用するためにも運動をすることが大切とされています。記憶力の低下や思考力が低下したと感じるような場合にも運動を取り入れるようにしましょう。

 

当院では自律神経失調症の状況を自律神経測定によって分析し、体の状態に合わせた東洋医学的鍼灸治療、磁気刺激療法を行っております。治療を行うのは東洋医学、自律神経学を熟知した鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロです。ご安心ください。

 

自律神経失調症の治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話・LINEで承っております。

TEL:080-6224-4693

お気軽にご連絡ください。

 

世界に認められた実力で症状・体質の改善をサポートいたします!

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

電話:080-6224-4693