自律神経失調症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

自律神経失調症の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。自律神経失調症の症状やセルフケアなどをご紹介いたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

ガス型過敏性腸症候群

ガス型過敏性腸症候群TOP

ガス型過敏性腸症候群治療

 ガス型過敏性腸症候群とは、ガス(おなら)が溜まる事でお腹の張りや痛み、また排泄しにくいことから精神的に追い込まれることがある疾患です。この悩みは男性よりも女性に多い傾向がありますが、発症頻度は同じくらいですがガス型過敏性腸症候群の病気の性格上、男性はあまり気にせず女性が悩みやすい疾患です。

ガス型過敏性腸症候群で悩むことが多い症状

過敏性腸症候群ガス型の女性

 ・おならがよく出る

 ・ガスが溜まってお腹が張る

 ・無意識にガスがでてしまう

 ・お腹がゴロゴロなる

 ・腹痛

 ・ガスが漏れているのか自分で把握できなくなっている

 上記の症状が認められる病態です。

 ガス型と言っても単独で症状がある場合は少なく、下痢型や便秘型、混合型のいずれかが併発していることが多いのが現実です。

ガス型過敏性腸症候群の原因

○腸管活動(自律神経機能異常)でのガス発生

 腸の活動が活発となることでガスが発生します。腸が必要以上に動いている時には、大腸から分泌されるセロトニンの量が増える事が原因であることが多く、この場合には下痢気味に傾いていることが大半です。腸の動きに異常が現れるのは自律神経機能の以上によります。

 このセロトニンの分泌に大腸菌が活発に活動を始めガスの分泌量が増加します。この場合には、一度発生すると自律神経機能が正常に戻るまでは症状が継続する傾向があります。

○食事による空気の混入

 食事のスピードが速い場合に、食べ物と同時に空気を飲み込んでしまい腸内に空気が溜まります。ただし多くの空気は”げっぷ”として排出されます。そのため、過敏性腸症候群ガス型に大きな影響を及ぼすことは少ないです。

○腸内環境(フローラ)の問題によるガスの発生

 抗生物質の長期間投与や食事のバランスの問題、薬物の使用によって、腸内に存在する大腸菌(約1㌕)のバランス均衡が崩れることによってガスが発生します。この場合には水様便になる事が多く、抗生物質をやめると1週間以内に症状が治まる傾向があります。

過敏性腸症候群ガス型の問題点

 ガス型の問題点は相談しにくい症状であるため1人で抱えてしまうことが多く、他の自律神経失調症の症状やうつ病などが発症してしまうことが最も問題となります。特に、ガスが漏れているのか自分ではわからなくなった場合には引きこもりがちになる傾向もあります。

 

 その他、ガス型の場合には”匂いが強くなる傾向がある”と言われています。この傾向から、公衆のトイレなどをできるだけ使用しないように意識してしまい、腸の動き自体に問題が現れることもあります。

過敏性腸症候群治療に当院を選択するメリット

『ガス型過敏性腸症候群の治療をどこで受けたらいいのかわからない』、『東洋医学治療センターで治療を受けるメリットは?』と思われている方の為に、当院で治療を受けるメリットを御紹介いたします。

1.身体の状態がわかります。

 自律神経の働きを計測する事によって今現在の自律神経のバランス(交感神経・副交感神経・自律神経活動レベル)等を客観的に見る事が出来ます。そのデータをもとに、自律神経失調症を改善するために最も有効と考えられる治療法を選択いたします。 

ガス型過敏性腸症候群は腸の動きをコントロールする自律神経との関連が強い疾患です。

自律神経バランス測定

自律神経バランス測定

.アフターフォローが充実

 自律神経失調症は自律神経のバランスによってセルフケアは異なります。自律神経バランス測定と今現在の体の状況に合わせて、一人一人にあった日常生活や栄養摂取、運動などを提案いたします。これにより治療後の効果維持と再発を防ぎます。

3.大阪で数少ない自律神経失調症の東洋医学的専門治療が可能

 自律神経失調症に対して投薬治療など西洋医学的な治療が主体となっており、投薬治療によって症状が改善している方はいいのですが、改善できない方が多いのが現実です。 当院では東洋医学を基本に自律神経バランスの改善をサポートします。

4.高度な治療技術を提供

2012年8月  アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年7月 国連機関のWHF(World Human Facilty Community)から鍼灸スペシャリスト認定
これらを受賞しているのは日本で唯一当院だけです。

 

自律神経失調症治療

 当院では自律神経の働きの改善を目的に、東洋医学的鍼灸治療・磁気刺激治療(TMS)を用いて早期改善のサポートをしています。『的確な状況把握と高度な治療』をモットーに副作用のない治療により早期の改善を目指します。

 

自律神経失調症の鍼灸治療

鍼灸治療

 当院が自信を持ってお勧めする鍼灸治療です。 東洋医学的に自律神経が乱れた原因を考察し根本原因の改善を目指します。 

 自律神経失調症の鍼灸治療は、WHO(世界保健機構)が認める鍼灸治療適応疾患です。

 

 

磁気刺激療法(TMS治療)

磁気刺激療法イメージ 磁気刺激治療は磁気の最大の効果である血液循環促進作用を利用して、脳の血液循環を改善させることで自律神経失調症やうつ病などの改善を目指す治療法です。医療先進国のアメリカで開発された治療法で、厳しい審査で有名なアメリカ食品医薬品局(FDA)から許可を受けた治療法です。

 当院では、磁気を脳の特定の部位に限局せず全身レベルで磁気刺激を与えることで末梢の副交感神経節にも働きかけることで、脳の血流促進による機能回復と末梢からの副交感神経機能亢進によって自律神経失調症の改善を目指します。

自律神経失調症治療料金

東洋医学的治療
東洋医学的に自律神経失調症が起こる原因を探し治療します。状態によっては自律神経の働きを測定しその状態に合わせた鍼灸治療を行う事もあります。自律神経失調症による症状の緩和やうつ状態の緩和に有効な治療法です。
治療費 1回 6480円

 

磁気刺激療法
磁気刺激療法では、交流磁気の力を使って血流を改善し自律神経機能を整えます。この方法は、体力が落ちてしまった方やうつ状態の方にも行える治療法です。
治療費  1回 6480円

 

※初診時には初診料が別途4320円必要です。(検査料含む)
※治療希望担当者がある場合には、ご予約の際にお申し出ください。

 

自律神経バランス検査だけがご希望の方
検査費用  1回 6480円
自律神経のバランスを測定後に今現在の状況を説明いたします。
※自律神経のバランス測定費用で治療費は含みません。
※ご予約の際に自律神経のバランス測定が希望とお伝えください。
※検査時間6分と状況説明を合わせて15分程度とお考え下さい。

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 プロの治療によって、安全・安心にガス型過敏性腸症候群の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力でガス型過敏性腸症候群の症状改善をサポートいたします。

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図