自律神経失調症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

自律神経失調症の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。自律神経失調症の症状やセルフケアなどをご紹介いたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

うつ病と身体症状

うつ病と身体症状

うつ病と身体症状

うつ病になると自律神経の働きに問題が起こり、身体的にさまざまな問題を引き起こします。

うつ病による身体症状

うつ病

 身体的症状として、肩こり、頭痛、首の痛み等身体の上部に症状を伴っていることが多く、その他、腰痛や関節痛、手足のしびれ、首から上を中心とする発汗、便秘下痢などが代表的な症状として認められます。

その他、女性特有の症状として月経不順によって数か月間、月経が止まってしまう事もあります。これは、自律神経が乱れることによってホルモンのバランスも同時に乱れてしまうことによって起こる反応です。

 肩こりや首の痛み、頭痛(筋緊張型頭痛)が起こる要因としては、交感神経の過剰な興奮が影響しています。うつ病の多くは、副交感神経の活動レベルの低下から起こります。その結果、交感神経の活動が興奮します。交感神経は、『闘争・逃走』の神経です。そのため、いつでも行動に移せるように筋肉には軽い力が入り続けることになります。それが、筋肉の疲労を引き起こしてしまい肩こりや首の痛み、頭痛を引き起こしてしまいます。

身体症状に引き起こされるうつ状態

一般的な身体疾患や薬物などによって、うつ病の症状が現れることも少なくありません。これは、その病気が軽度であっても長くなれば誰にでも起こりうる反応です。このような状態で、心療内科を受診してうつ病と診断され、抗うつ薬による治療を受けてもうつ状態が改善することはほとんどありません。また、逆に治療しなければならない根本的な原因の治療が遅れてしまうことがあります。

うつ状態を引き起こすおもな疾患は、甲状腺疾患、副甲状腺疾患、副腎疾患、膵臓疾患、自己免疫疾患、悪性腫瘍、脳血管障害が代表的です。

甲状腺疾患

 ○甲状腺機能低下症

 ○甲状腺機能亢進症

副甲状腺疾患

 ○副甲状腺機能低下症

 ○副甲状腺機能亢進症

副腎疾患

 ○アジソン病

 ○クッシング病

膵臓疾患

 ○膵炎

 ○糖尿病

自己免疫疾患

 ○関節リウマチ

 ○シェーングレーン症候群

 ○全身性エリテマトーデス

悪性腫瘍

脳血管障害

 ○脳梗塞

 ○側頭動脈炎

 ○椎骨動脈症候群

その他

 ○感染症

 これらがうつ状態を引き起こす代表的な疾患です。これら以外の疾患でもうつ状態を引き起こす可能性があります。このような場合には、うつ病ではなく身体的な症状によって引き起こされたうつ状態です。

薬剤によって引き起こされるうつ状態

 薬剤によってうつ状態が引き起こされていることも少なくありません。これには、免疫力を上げるためのインターフェロン、免疫力を抑制するための副腎皮質ホルモン(ステロイド)、アルコールが影響します。インターフェロンや副腎皮質ホルモンの場合には、投薬を行っている医師によって気付かれることがほとんどですが、アルコールに対しては申告しなければわかりません。また、アルコールの過剰摂取が問題になるのではなく、少量であってもうつ状態を引き起こすことがあります。

うつ病を引き起こしやすい薬剤

免疫関連薬剤

薬の服用

 ○インターフェロン

 ○副腎皮質ホルモン

抗菌薬

・抗真菌薬

・抗寄生虫薬

 ○アンピシリン

 ○ストレプトマイシン

 ○テトラサイクリン

 ○スルファメトキサゾール

 ○エチオアミド

 ○メトロニダゾール

 ○イソニアジド

降圧薬

 ○クロニジン

 ○メチルドバ

 ○レセルピン

 ○プロプラノロール

抗潰瘍薬

 ○シメチジン

 ○ラニチジン

抗癌剤

抗炎症剤

 ○イブプロフェン

 ○インドメタシン

 ○ペンタゾシン

中枢神経刺激薬

 ○アルコール

 ○アンフェタミン

 ○フェンシクリジン

このような薬剤によってうつ状態が引き起こされる可能性があります。また、これら以外にもうつ状態を引き起こす可能性がある薬剤があります。

 このような場合には、うつ病ではなく薬剤によって引き起こされたうつ状態です。

早期治療

慢性的な肩こりや首の痛み、頭痛は自律神経失調症が関連していることの多い身体症状です。このような症状とともに抑うつ気分がある場合には、専門家に相談するようにしましょう。

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 プロの治療によって、安全・安心にうつ病の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力でうつ病の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図