自律神経失調症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

自律神経失調症の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。自律神経失調症の症状やセルフケアなどをご紹介いたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

うつ病による態度の変化

うつ病治療TOP

うつ病による態度の変化

 うつ病になった時やなる直前に態度が変わると言われています。これは、脳への血流の低下、神経伝達物資の不足など様々な要因によって脳の神経伝達速度の低下によって活動レベルが下がる事で起こります。
このページでは、うつ病の方に起こる態度の変化についてご紹介いたします。

話し方の変化

 うつ病になると、声が小さくなり口数が減ります。そして、話す言葉は単調でとぎれとぎれになる傾向があります。これは、脳内において神経活動を促すホルモンの量が足りない為に起こる反応です。
 また、この症状は本人が感じることは少なく、周囲の人が気が付く事がほとんどです。

表情の変化

 表情も乏しくなりどことなく悲しくみえ目に輝きがなくなり視線が固定されるようになります。そして、眉間にしわを入れるように力を入れるため、眉間周辺の筋肉が硬くなってしまい、眉間の間にフェラグートの皺襞と呼ばれる三角形の皺が見られるようになります。身体全体でみると、全体的に動きが緩慢となりボーっとしているように見えることもあります。精神状態では、周囲に関心がなくなり活気がなくなります。そして、環境の変化に対応ができなくなります。

その他

 このような変化が認められた場合には、うつ病にかかる直前、もしくはかかっている可能性があります。無理をせずに、一度力を抜いてみてはいかがでしょうか?緊張状態がゆるむだけでうつ病の初期であれば改善が可能です。それでも駄目であれば、早期の治療開始を心がけましょう。

oosakatoyomedicine.hateblo.jp

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 プロの治療によって、安全・安心にうつ病の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力でうつ病の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図