自律神経失調症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

自律神経失調症の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。自律神経失調症の症状やセルフケアなどをご紹介いたします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

電気けいれん療法(ECT療法)で固定された自律神経バランスを一度崩すことで回復のきっかけができる事も!?

電気けいれん療法TOP

電気けいれん療法(ECT療法)

 電気けいれん療法とは、重いうつ病や慢性化した自律神経失調症、慢性疲労症候群などの方に行う治療法です。抗うつ薬によって自律神経失調症やうつ病が改善できなかった方や抗うつ薬の副作用で服用できない方、断薬をしたい方、様々な治療を受けたにもかかわらず改善できなかった方等に用いるのが電気けいれん療法(ECT)です。

  電気けいれん療法は文字からわかるように、痙攣するレベルの強い電気を短時間流すことによって症状の改善を目指す治療法です。このように強い治療法であるため、様々な副作用があり何度も繰り返し行う事には大きなリスクが伴います。

 そこで当院はどうすればリスクを最小限に抑えて電気けいれん療法に近い効果を出すことができるかを研究し最良の方法を開発いたしました。

 まずは基本的な電気けいれん療法をご紹介し、最後に当院オリジナルの改良型をご紹介いたします。

 

電気けいれん療法(ECT)はどのように作用するのか?

 電気けいれん療法の作用機序は明らかではなく様々な説があります。当院が考える機序は、電気けいれん療法によって脳の血流促進、脳の代謝変化によって脳に必要な栄養供給と不要な物質の放出、神経伝達物質の働き改善と考えております。

 最新の研究では、脳の特定の部位で新しい細胞や神経ネットワークの成長促進があると考えられるようになっています。

 電気けいれん療法(ECT)の臨床試験では、模擬テストのグループに比べてよい結果が出ていることから効果はあるものと考えられます。

 

電気けいれん療法(ECT)の副作用

電気けいれん療法(ECT)には副作用があります。代表的な副作用には電気けいれん療法の直後から約3時間以内の短期的な副作用と長期的な副作用があります。

 

電気けいれん療法(ECT)の短期的副作用

1.頭痛

2.意識がもうろうとする

3.治療前後の記憶の消失

脳を含め神経の伝達は電気的に行われます。電気けいれん療法では非常に強い電気を流すことから、一般的な電気がショートしたような状態が脳内で起こる事でこれらの副作用が起こると考えられます。 

電気けいれん療法(ECT)の長期的副作用

1.記憶障害

記憶障害は電気けいれん療法を何度も繰り返し行う事で起こる副作用です。脳内で何度も電気がショートしたような状態になる事で神経細胞が破壊さる事で起こると考えられます。つまり通常の電気けいれん療法を何度も繰り返すことは危険を伴うと考える事ができます。

電気けいれん療法(ECT)の副作用を抑えた治療法を開発

 電気けいれん療法(ECT)が重度のうつ病や慢性的な自律神経失調症にしか適応できない問題点や、電気刺激による副作用を考えより良い方法はないか?と検証を続け電気けいれん療法(ECT)を改良した新たな治療法を始めました。

 元来の電気けいれん療法(ECT)は非常に強い電気をこめかみ部分の皮膚上から流すことでけいれんを誘発します。けいれんを引き起こすような強い電流であるため当然副作用があります。

当院では電気を流す場所と電気の強さに着目し副作用を抑えた治療を実現することができました。

 

改善策として、

こめかみ部分の皮膚上    ⇒ 鍼治療によって皮下に直接電気を流す

 皮膚上から電気を流すと皮下脂肪が電気を通さないため強い電気を流す必要があります。これを皮下脂肪の内部まで鍼を刺入する事によって通電の障害を取り除きました。

 

けいれんするような強い電気 ⇒ 痛みを感じない程度の電気

 皮下脂肪による電気抵抗が無いため、電気の強さを抑える事ができます。

 

短時間の電気        ⇒ 20~30分間何度も電気刺激を行う

 短時間の強烈な電気によってショートを起こさせるのではなく、何度も繰り返し刺激を行う事で水面に波を起こすようにゆっくりとした変化を引き起こします。

 

このような当院独自の方法によって軽度のうつ病、自律神経失調症、めまい、頭痛などの幅広い疾患に適応が可能です。

 

当院での電気けいれん療法(ECT)

 電気けいれん療法(ECT)を行う場所は、こめかみと首を中心に症状に合わせて頭部に行います。

 治療時間は30分を基本に体力と症状に合わせて増減します。

 ※当院で行っている他の治療法と併せて行うことはできません。

 電気けいれん療法は国連機関WHFに鍼灸スペシャリスト認定を受けた当院にお任せください!

 

【電気けいれん療法(ECT)の流れ】

「電気けいれん療法(ECT)ってどんな事をするんだろ?」 「どんな手順でするんだろ?」って不安ですよね。 初めて電気けいれん療法(ECT)をお受けになる前に、安心して電気けいれん療法(ECT)が受けられるように基本的な流れを記載します。

 

(1)問診票のご記入

(2)カウンセリング

カウンセリング記入していただいた問診票をもとにカウンセリングを行います。

『どのような不調がありますか?』

『どの辺りに痛みがありますか?』

『どのようなときに症状がひどくなりますか?』

『発症からこれまでの症状の変化は?』 などを明確にして治療の計画を立てます。

 

(3)検査

 自律神経失調症の状態を客観的に判断するために自律神経機能検査を行います。 この検査によって優位となっている神経とバランスの状況を把握し治療計画を立てます。

oosakatoyomedicine.hateblo.jp

 

(4)治療の説明

 カウンセリングと検査をもとに、自律神経のバランスを分析し今現在の状態を説明いたします。その後に、症状に対して最も有効と考えられる治療法について、選択した根拠とともに治療内容を説明いたします。

施術方法などわからない事があれば何でも相談・質問してください。専門用語を使わずわかりやすく説明いたします。

 

(5)電気けいれん療法(ECT)

 自律神経の働きの正常化を目的に、電気けいれん療法(ECT)を行います。電気けいれん療法は東洋医学治療センター院長:野村が行います。

 

(6)説明

 自律神経失調症は生活習慣に大きな影響を受ける疾患です。その為、自律神経失調症が発症する要因となる日常生活の変更や食事療法(サプリメントなども含め)についてご説明いたします。

 また、御自宅で行う事の出来るセルフケアをアドバイスさせていただきます。

 当院では、『患者さんに解り易い説明』をモットーにしています。わかりにくいところがあれば、何でもお気軽に質問して下さい。

 

 

当院で治療を受けるメリット

  『自律神経失調症の治療をどこで受けたらいいのかわからない』、『東洋医学治療センターで治療を受けるメリットは?』と思われている方も多いと思います。

1.身体の状態がわかります。

 自律神経の働きを計測する事によって今現在の自律神経のバランス(交感神経・副交感神経・自律神経活動レベル)等を客観的に見る事が出来ます。またそのデータをもとに、今現在の状態をわかりやすく説明します。 

自律神経バランス測定

自律神経バランス測定

2.最新の治療

 当院には自律神経失調症でお悩みの方が多く来院されています。その為多くのデータが集まり、そのデータをもとに常に効果的な方法に改善しています。

 

3.アフターフォローが充実

 自律神経失調症の発症は日常生活における問題の積み重ねであり生活習慣病という事も出来ます。この状況を変えるためには、あなたにとって良い自律神経活動になるように変えなければならないこともあります。

 自律神経バランスを測定することで運動の程度や積極的に摂取すべき栄養を判断し提案いたします。

 

4.全身のバランスを考慮した治療

 自律神経失調症は全身の問題として起こる場合もあれば、局所的な問題が起こることもあります。ですが根本的な原因は自律神経の機能が乱れているという事が問題です。その為、全身のバランスを考慮し自律神経の働きを正常にする事が自律神経失調症の改善には必要です。

 

5.大阪で数少ない自律神経失調症の東洋医学的専門治療が可能

 自律神経失調症に対して投薬治療など西洋医学的な治療が主体となっています。この投薬治療により症状が改善している方はいいのですが、改善できない方が多いのが現実です。

 当院では東洋医学の基に西洋医学とは別視点の治療法で自律神経失調症の改善をサポートします。

 

6.高度な治療技術を提供

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年7月 国連機関のWHF(World Human Facilty Community)から鍼灸スペシャリスト認定

国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 プロの治療によって、安全・安心に自律神経失調症の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

・土曜診療は8:30~16:30
・日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力で自律神経失調症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

 

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図